お尻 黒ずみ

お尻の黒ずみ

お尻は他の体の部位に比べて見えづらい上、スキンケアを怠りがちな部分です。
「お風呂でふと鏡を見た時にお尻に黒ずみやブツブツが!!でもどうしたら消えるの・・・?」
とお悩みではありませんか?
当サイトでは、お尻の黒ずみの原因と対策、消し方をご紹介しています。

おしりの黒ずみ対策なら☆ピーチローズ

お尻の黒ずみの原因

お尻の黒ずみに悩む

お尻の黒ずみには角栓メラニンによる色素沈着の2種類あります。

角栓
「角栓」とは、古い角質が毛穴に詰まり酸化して黒くなったものです。
通常、角質は古くなるにつれ、自然と剥がれ落ちて、新しい角質が生成されます。
この仕組みがお肌の「ターンオーバー」です。

しかし、ターンオーバーがうまく行われていないと、どんどん古い角質が溜まり、毛穴に詰まってしまいます。それが酸化して黒くなり、角栓となるのです。

メラニンによる色素沈着
メラニンは摩擦や擦れなどの刺激から肌を守るために生成されます。
通常、生成されたメラニンはターンオーバーとともに薄くなっていきます。
しかし、メラニンが色素沈着してしまっている場合は、ターンオーバーが乱れていることにより肌の奥にメラニンが残ってしまっている状態です。


以上のように、どちらの種類の黒ずみも「ターンオーバーが正常に行われていない」という事が原因で起こってしまいます。
ターンオーバーは正常な状態であれば、約28日でお肌は生まれ変わります。
しかし、年齢による肌の老化や肌の置かれている環境の悪化により、ターンオーバーの周期は乱れてしまうのです。

では次に、お尻の黒ずみを消す対策について解説します。

お尻の黒ずみ対策にはピーチローズ

お尻の黒ずみの対策

ターンオーバー

お尻の黒ずみの原因はターンオーバーの乱れであることから、黒ずみを消すにはターンオーバーを正常に促すケアが有効です。

ターンオーバーが乱れるのは、肌の老化や環境による「乾燥」が原因です。

お尻は下着による擦れや蒸れ、座っている時に体を支えていたりなど、常に刺激を受け続けている状態で、お尻を守るために皮膚は分厚く硬くなっています。
分厚く硬くなった皮膚には水分はうまく浸透できず、お尻は常に乾燥した状態なのです。

その為、お尻のターンオーバーを促すには、肌の奥までしっかりと保湿をしてあげることが重要になります。

お尻の保湿にはコスメを使うことが効果的ですが、通常のボディケアクリームでは、お尻の硬く分厚い皮膚に邪魔され、保湿成分や美容成分などの有効成分が皮膚の奥までうまく浸透できません。
お尻の肌の奥まで保湿をするには、有効成分が分厚く硬くなった皮膚にも届く工夫がされているお尻ケア専用のコスメを使うことをおすすめします。

お尻の黒ずみを消すコスメランキング

ピーチローズ

おしりのニキビ・黒ずみには、お尻特有の環境を配慮して作られたピーチローズで決まり!
お尻トラブルの原因は、乾燥が大きな原因です。
しかし、角質が厚いお尻に水分を浸透させるのは難しい・・・しかし、ピーチローズならお尻用に作られた化粧品だから、しっかり保湿ができます。
保湿を行う事により肌のターンオーバーを促し、黒ずみを徐々に薄くしていくことができます。
また、美白成分も含まれているから、お尻の黒ずみの予防にも有効です!
お尻のニキビに悩んでいた多数の方から喜びの声が続出中です。

ピーチローズについて詳しく見るピーチローズ公式サイトはこちら


ヴィエルホワイト

ヴィエルホワイトは自宅でビキニラインの黒ずみ対策用ジェルクリームです。
お尻の黒ずみケアに必要な保湿と美白成分を配合しており、毎日のケアで黒ずみを消していくことが可能。
また、乾燥によるお肌のカサつきにも効果が期待できます。
体の中でもデリケートで薄いと言われるビキニライン用に作られているので、敏感肌の方でも使える優しい化粧品です!

ヴィエルホワイトについて詳しく見るヴィエルホワイト公式サイトはこちら


フェアリームーン

フェアリームーンは朝用夜用の2個セットです。
日中のさまざまな刺激からお尻を守り、美容成分もばっちり配合されている朝用。
夜のお肌の再生力を引き出すために選ばれた成分が配合されている夜用。
朝と夜それぞれの肌コンディションに合わせた美容成分を配合し、ベストなお尻ケアを毎日行うことにより、黒ずみのないお尻をゲット!

フェアリームーンについて詳しく見るフェアリームーン公式サイトはこちら

リピーター続出中!利用者の4人に3人が満足する「ピーチローズ」

ピーチローズ

ピーチローズはお尻専用ニキビケアアイテムという事もあり、通常のニキビケアコスメでは浸透しきれないお尻の厚い角質にも浸透することができます。
美肌成分はもちろん、黒ずみの原因となるメラニンを抑える美白成分が配合されているので、お尻の黒ずみに充分効果が期待できます。

 

@コスメ、バストケア・ヒップケア部門で1位に入賞した事もあるほど人気のコスメで、
利用者の92.1%(モニター利用67名のデータを集計)が効果に満足しているという結果が出ています!

 

しかし、実際に使ってみないと自分のお肌に合ってるか分からないのが、ニキビケアコスメです。
そこで、ピーチローズの「60日間返金保証」が便利!
安心して申込してもらえるようにと、効果が感じられなければ返品・返金が可能です。

 

お尻の黒ずみに悩んでいるなら、とにかく1度試してみませんか?

 

ピーチローズ公式サイトはこちら

お尻ケア専用コスメとは?

お尻ケア専用コスメは、お尻の環境を考えて開発されており、お尻の分厚い皮膚の奥にも有効成分を届けられるように作られています。
また、肌のバリア機能を高め、外部からの刺激に負けない健康な肌作りのサポートも考えられています。
さらに、お尻の黒ずみの対策として、メラニンの生成を抑える美白成分が含まれているコスメを使えば、さらに効果的です。

お尻専用コスメを使って皮膚の奥までしっかりと保湿することで、徐々にターンオーバーが正常化され、黒ずみも薄くしていくことができます。

当サイトでは、お尻の黒ずみに悩む方に選ばれ、満足度の高いコスメをご紹介しています。
お尻ニキビを消すコスメ選びの参考にしてみてください。

お尻ケア専用コスメ ピーチローズ


皮膚科のお尻黒ずみ治療法

お尻 黒ずみ

お尻の黒ずみは皮膚科での治療も可能です。
皮膚科を受診すれば、専門家による的確な治療を受けられますし、黒ずみを改善する効果の即効性があります。

 

皮膚科でお尻の黒ずみを治療する方法は、以下の4つです。

 

レーザー治療

レーザーや特殊な光をお尻に照射し、メラニン色素を破壊する治療法です。
お尻の黒ずみは、メラニンによる色素沈着が原因ですから、レーザーでメラニン色素を減らしていくことで改善できます。黒ずみを消すためのレーザー治療は保険適用外のため、1回の治療に2〜3万円の費用がかかります。
また、黒ずみの度合いにもよりますが、完全に消すには5回ほど施術を受ける必要があります。
レーザー治療を受けると肌がダメージを受けるため、施術から数日間のダウンタイム(普段通りの生活に戻るまでの時間)が必要となり、週1回程度のペースで施術が行われた場合、でも、治療期間は最低でも1ヶ月程度かかります。

 

ケミカルピーリング

お尻に酸性の薬剤を塗り、古い角質を除去する方法です。
肌の新陳代謝を促し、肌を再生することで、黒ずみ、くすみ、ざらつきを改善できます。
通常のピーリングは、濃度が3%〜5%程度の薬剤を使うのですが、皮膚科でのケミカルピーリングは濃度10%以上の薬剤が使用され、高い効果が期待できます。
保険が適用されない為、治療費は1回につき約1万円かかる上、5回〜10回の治療が必要です。また、ケミカルピーリングは肌に負担がかかる治療法ですから、1週間に1回程度しか治療を受けられません。
従って、黒ずみを消すためには、最低でも1ヶ月〜2ヶ月は時間が必要です。

 

内服薬

ビタミンC、ビタミンE、トラネキサム酸などの内服薬を服用して、身体の内側から黒ずみを消していく方法です。
このうち、ビタミンCには、抗酸化作用、メラニンの生成抑制作用があるため、シミや色素沈着治療に高い効果を発揮します。
次に、ビタミンEには、抗酸化作用や新陳代謝を活性化する作用があるため、肌からメラニン色素を排出することに有効です。
トラネキサム酸は、抗炎症作用や止血作用を持つ成分です。
1979年に肝斑の改善効果が認められたことから、シミの治療に使われる様になりました。
処方される皮膚科にもよりますが、保険適用内で費用は約1ヶ月分で2,000円程度です。
内服薬でお尻の黒ずみを治療する場合、数カ月は時間が必要です。

 

外用薬

ハイドロキノン、トレチノイン(ビタミンA誘導体)が配合された塗り薬を使う方法です。
ハイドロキノンには、黒ずみの原因となるメラニンの生成を阻害する働きがあり、高い美白効果を発揮します。
また、ハイドロキノンはターンオーバーを促進する効果もあるため、肌に蓄積されたメラニンを排出できます。
肌に強い刺激を与えてしまうため、敏感肌の方、アレルギー体質の方、妊娠中の方には処方されません。
保険が適用されるので、費用は10gで2,000円程度です。
外用薬は、効果が出るまでに時間がかかりますから、黒ずみが消えるまでには、数か月は必要だと考えておきましょう。

 

おしりのスキンケア方法

お尻は意識しないと見えづらいため、スキンケアを怠りがちです。
しかし、常に刺激を受け続けている部位なので肌トラブルを起こしやすく、スキンケアで肌の状態を健康にすることが大切です。

 

おしりのスキンケアでは、お風呂上りのお尻が清潔な状態の時に、ボディークリームやヒップケア専用のコスメを塗り込み、刺激を受けて乾燥した肌を保湿してあげましょう。
ヒップケア専用のコスメは、お尻の皮膚の深部まで美容成分が届けられるよう開発されています。
また、肌のバリア機能を高める効果もあるため、外部からの刺激に強い肌作りのサポートが可能です。
美白効果の高い成分や、保湿成分が配合されたコスメを使えば、黒ずみケアに高い効果が期待できます。

 

お尻の黒ずみは市販のニベアクリームで消える?

ニベアクリームは、肌をやわらかくして新陳代謝を高める「スクワラン」、保湿効果に優れ肌のバリア機能を高める「ホホバオイル」、高い保湿性と乳化性を持つ「ラノリンアルコール」が配合されている市販のボディケアアイテムです。
上記の有効成分がお尻の皮膚の潤いを保ち、新陳代謝を促進することで、黒ずみを薄くしていくことが可能です。
ただし、ニベアには保湿効果の高い成分が含まれている一方、根本的にシミを消す美白成分は含まれていません。
従って、「お尻の乾燥を防ぎターンオーバーを促す」事は可能ですが、メラニンを抑制するといった効果は期待できません。
確実にお尻の黒ずみを解消するためには、皮膚科での治療、もしくはお尻ケア専用化粧品の使用をおすすめします。

 

お尻のスキンケアに効果的!お尻マッサージのやり方

お尻 黒ずみ

柔らかく健康的なお尻をキープする為には、マッサージによりお尻の血行やリンパの流れを促し、新陳代謝を上げることが重要です。
また、マッサージ中や後に使うコスメの有効成分が肌の深部に行き渡りやすくなり、より高い効果が期待できます。

 

マッサージは、血行が良くなっているお風呂上りに以下の手順で行いましょう。

 

@手を洗って清潔な状態にする
Aお尻全体にマッサージクリームやジェルを塗る
B手のひらや指の腹を使って、優しく下から上にマッサージする

 

マッサージをしていくうちに、お尻が柔らかくなり、温かくなったと感じたらOKです。
下から上にマッサージすることで、お尻のリフトアップにも効果が期待できます。
ニキビや吹き出物がある時は、刺激を与えないよう、その部分を避けてマッサージしてください。

 

お尻の黒ずみ予防方法

お尻の黒ずみを予防するには、お尻の肌を健康な状態でキープすることが大切です。
以下の点を意識して、お尻を健康な状態に保ちましょう。

 

適切な下着選び

お尻は、着用する下着によって蒸れやすく、衛生状態が悪化します。
お尻が蒸れてしまうと、乾燥や肌荒れなどの肌トラブルを引き起こし、ニキビができやすくなり、さらに悪化するとニキビ跡や黒ずみとなって残ってしまうのです。
また、お尻と下着の摩擦も肌の負担となり、肌トラブルを招く原因となります。
下着を選ぶ際には、生地とサイズに注目しましょう。
通気性の良いシルクや綿(コットン)製で、食い込みや締め付けが気にならない自分の体格に合ったものがおすすめです。

 

着席時の負担を減らす

座っている間、お尻は体重を支えており、常に刺激を受けています。
特に座り仕事の方はお尻への負担軽減を意識しましょう。
お尻の負担は、クッションや座布団を敷くことで、軽減できます。
また、可能であれば、こまめに立ち上がることで、負担を減らすだけでなく、血行を促すことも可能です。

 

生活習慣の改善

偏った食生活や睡眠不足で、ホルモンバランスの乱れることにより、お尻の肌状態が悪化し、ニキビや黒ずみができやすくなります。
ホルモンバランスを正常に保つには、栄養バランスのとれた食生活、睡眠時間を確保してしっかり眠ることが大切です。
また、適度な運動も肌の健康に効果的です。
さらに、ストレスが溜まることも、ホルモンバランスの乱れを引き起こす原因となるので、自分なりの方法でストレス解消をしましょう。

お尻がぶつぶつでガサガサになっています。原因は何ですか。

顔や手など、日常的に人から見える部分のお手入れはかかさないと思いますが、お尻は日常的に人に見せる部分ではないため、ついついお手入れがないがしろになりがちです。

しかし銭湯や、エステ、プールや海など自分以外にもお尻を見られてしまう場所はいくつかあるため、普段からお尻のケアは行っておきたいものです。

お尻は下着や衣類の摩擦や、座ることによる圧迫、汗の蒸れなど自分が思っているよりもダメージを受けている場所です。これらのダメージがぶつぶつやガサガサの原因となっています。

その他に黒ずみの原因となるのは下着です。お気に入りのデザインの下着をつけるときは何となく気分が良い方も多いと思いますが、下着のサイズが合っていない、締め付けがきついなどはお尻の新陳代謝を低下させ、お尻ニキビや黒ずみの原因となります。

下着を選ぶ時は綿や絹などの天然素材でやわらかいものや通気性の良いものを選ぶ、デザインは衣服とお尻が直接こすれないようなデザインのものを選ぶなど、下着選びにも気をつける必要があります。

また、仕事などで座っている時間が長い方も、注意が必要です。椅子とお尻の摩擦で黒ずみになるため、クッションなどで摩擦を緩和する事をおすすめします。

これは座った時のお尻への圧迫が血行不良を起こし新陳代謝を低下させることを避けるためです。新陳代謝が低下すると、乾燥が進みガサガサお尻の原因となります。

お尻は古く乾燥した角質が肌に残ってしまう角質肥厚が起こりやすい場所なので、同じところの圧迫が長時間にならないように、座布団の形状を変えてみたり、やわらかいクッションにしてみるなどの工夫をする必要もあります。

特に肌が敏感な方などは、長時間座る姿勢が続く事でお尻のまわりに空気がこもって蒸れ、汗の蒸れが原因でお尻ニキビとなったりもします。お尻ニキビは長引いてしまう事が多く、黒ずみへとつながってしまうため、出来る限りお尻は清潔に保つように心がけましょう。

可能ならば、汗をかいたら下着を交換する事をおすすめしますが、それが難しい場合はこまめに拭いてあげると良いでしょう。

日常生活の何気ない習慣がお尻のぶつぶつやガサガサの原因となっています。一度自分のお尻環境を見直してみましょう。


お尻のガサガサにクリームは必要ですか。

お尻は乾燥しやすい部分だと言われていますが、お尻のガサガサはクリームですべすべに変える事はできるのでしょうか。

お風呂上がりに、顔のお手入れと同様にお尻にもちゃんとボディクリームなどを塗っているから大丈夫と安心していませんか?

もちろんお尻のガサガサを防ぐには、ボディクリームなどを塗らないよりは塗った方が良いですが、お尻は古く乾燥した角質が肌に残ってしまう角質肥厚が起こりやすい場所なので、厚くてかたい角質層が保湿の邪魔をし乾燥が進みやすい場所でもあります。

お尻のケアは低分子成分が配合されていて、保湿力の高いお尻専用のケアクリームで行うのがおすすめです。また、お尻は黒ずみにもなりやすい場所ですので、メラニンの生成を抑えてくれる美白成分も配合されているとより美しいお尻を保てます。

お尻を保湿するためにクリームなどは必要ですが、お尻ケア専用のクリームを使用する事をおすすめします。


馬油に黒ずみを改善する効果はありますか?

馬油はやけどや肌荒れ、切り傷など民間治療薬として広く知られていますが、医薬品としては未だ認められていない皮膚保護用の化粧品に分類されます。馬油は強力な浸透力や保湿力、炎症を鎮め熱を取り去る作用があると言われている事から、様々な使い方をされています。

また人間の皮脂に最も近く、皮膚への馴染みや浸透が良く肌細胞を活性化し皮膚の再生を促してくれると言われています。そのため黒ずみにも効果が期待できるなど、黒ずみ改善に対する諸説はありますが、馬油自体に黒ずみを薄くする成分は含まれていないため、黒ずみ自体を改善する効果があるとは言い切れません。しかし黒ずみ予防のために肌を整える効果は期待できるでしょう。

健康な肌は古くなった角質を新しい細胞がおしだしてくれるターンオーバーという機能があるため、お尻を清潔に保って十分な保湿をすることで、古くなった角質であるお尻の黒ずみを改善する事はできます。

馬油に即効性は期待できませんが、気長に保湿を心がける事で黒ずみが目立たなくなる可能性もあるでしょう。


アットノンでお尻の黒ずみを消す事は出来ますか。

薬局で売っている小林製薬のアットノンとは傷ややけどの皮膚のしこりやつっぱり(顔面は除きます)、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症や手指の荒れ、手足のあかぎれ、乾皮症やしもやけなど皮膚トラブルから、打身・ねんざ後のはれ・筋肉痛・関節痛に効果が期待できる第2類医薬品です。

アットノンには有効成分であるヘパリン類似物質が配合されています。ヘパリン類似物質には水分保持作用や、抗炎症作用、血行促進作用があるため、やけどや傷跡には効果が期待できすが、お尻の黒ずみは負くるなった角質がたまったものなので、アットノンで黒ずみを消す事は難しいと考えます。

お尻の黒ずみを改善するにはエステと皮膚科のどちらがいいですか。

お尻の黒ずみは肌の乾燥などが原因で、肌の新陳代謝が低下し古くなった角質が残ってしまったものです。黒ずみの改善にはお尻を清潔に保ち、十分な保湿で改善が期待できます。そのためお尻がガサガサになって、黒ずんでいるだけの場合皮膚科へ行くよりもエステでのお手入れがおすすめでしょう。

 

しかし、黒ずみだけではなくお尻ニキビがひどく炎症を起こしているなど、悪化してしまっている場合は皮膚科を受診する事をおすすめします。

 

お尻ニキビはできやすく、長引きやすいと言われていますが、お尻にできているできものが必ずしもお尻ニキビであるとは限りません。

 

ニキビ以外の代表的なできもののひとつにアテローマと呼ばれる良性腫瘍があります。アテローマは良性なので放っておいても問題ないと言われていますが、細菌感染を起こすと腫れや痛みを伴い症状によっては膿をもつ事もあります。長く改善されない場合や、できものの症状が日々悪化しているなどの場合は皮膚科で診てもらう必要があります。

 

お尻の黒ずみやニキビは、お尻環境がどうなっているかと深い関係がありますが、ホルモンバランスの乱れやストレスなどもお尻ニキビを長引かせる原因となり、長引いたお尻ニキビが跡となり黒ずみへとつながってしまいます。

 

自分なりにうまくストレスマネジメントをするように心がけ、ホルモンバランスの乱れにも気をつけましょう。

お尻ケアにおすすめのクリームなどはありますか。

お尻は自分が思っているよりもデリケートな部分なので、お尻専用のクリームでのケアがおすすめです。大手化粧品サイトや、多くの雑誌でも話題になり人気が高いのが「ピーチローズ」です。

 

ピーチローズはマッサージジェルとしても使える、お尻専用の美容液ジェルです。お尻ケアのために開発されたピーチローズは独自のテクノロジーで従来のヒアルロン酸を約300分の1にする事で、角質肥厚を起こしやすいお尻にも浸透力が高いと言われています。代表的な配合成分は超低分子ナノ化ヒアルロン酸や、セラミド、コラーゲン、天然ビタミンEや厳選された8種類の植物成分です。

 

定期購入コースの集中ケアコースでは、60日間の返金保証制度もあるため、自分の肌との相性を確認したいという方も安心して使い始められます。

 

黒ずみの改善に個人差はあるでしょうが、ピーチローズはお尻のトータルケア商品としては満足度の高いクリームだと言えます。あなたの黒ずみもまだ間に合います。お尻のトータルケアをピーチローズで初めてみませんか。

 

ピーチローズ公式サイトはこちら