お尻 粉瘤

そもそも粉瘤って何?ニキビと違うの?

お尻 粉瘤

粉瘤(アテローム)は皮膚にできる良性腫瘍の一つで、表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)と呼ばれることもある症状です。
つまむと白い膿が出てくることがあり、嫌な臭いがするのも特徴の一つと言えます。
粉流はニキビによく似た症状ですが、両者を比較するといくつかの違いがあります。
粉流には皮膚の表面に穴が空いていることがあり、この穴には老廃物によって黒く見えることがあります。
粉瘤にはしこりがあり、このしこりがつまめるかどうかもニキビとの違いです。
また、ニキビは時間が経てば症状がおさまりますが、粉瘤は適切な治療しなければ治りません。
いつまでも症状が改善しないのであれば、ニキビではなく粉瘤の可能性が高いでしょう。

 

お尻にできる粉瘤の特徴

粉瘤は特定の場所にできるものではなく、顔や頭、首や背中、耳など、体中どこにでもできる可能性があります。
その中でも厄介なのが、お尻にできる粉瘤です。
小さい粉瘤であれば痛みを全く感じないケースがほとんどのようですが、粉瘤は時間とともに徐々に大きくなります。
お尻は顔のように人に見られることはありませんが、お尻に粉瘤ができることで座るときに痛みを感じ、椅子に座ることができないといったことも起こります。
また、粉瘤の特徴に臭いがあります。
粉瘤ができると常に臭いがするわけではありませんが、くさい臭いを発することもある症状です。

 

お尻に粉瘤ができる原因とは?

お尻に粉瘤ができてしまうと厄介なので、原因を知って予防をしたいと考えている人もいるでしょう。
しかし、粉瘤ができる原因は明らかになっていません。
何らかの理由によって皮膚の下に袋ができ、その中に老廃物や本来なら肌の代謝によって排出される古い角質が溜まることでできると考えられています。
また、人によっては粉瘤が多発する場合があります。
このような場合は、生まれながらの体質が関係していると考えられています。
粉瘤は明らかな原因がわかっていないため、できたら病院に行き、医師の指示を仰ぎましょう。

 

粉瘤の治療方法−何科を受診すべき?

粉瘤はそのまま放置していて治るような症状ではありません。
治療には薬ではなく、病院での除去が必要です。
ここで気になるのが、「何科に行ったらいいの?」ということでしょう。
粉瘤の除去治療は、皮膚科や形成外科、美容外科でも行っていることがあります。
中でもおすすめは皮膚科です。
粉瘤の疑いがあっても自己判断をせず、皮膚科に行って専門家の診断を受けることが大切です。
粉瘤であることが確認できてから、どこで治療を受けるかを考えても遅くはありません。
まずは皮膚科に行って、気になっている症状が粉瘤であるかどうかの確認を行いましょう。

 

粉瘤の除去にかかる費用や期間は?

粉瘤の手術には保険が適用されるのか、入院が必要になるのか気になっている人も多いでしょう。
この粉瘤の摘出手術は、公的医療保険が適用され、ほとんどのケースで日帰り手術となります。
粉瘤を除去するためには、皮膚・皮下腫瘍摘出術が必要ですが、健康保険を使って手術をすることができます。
ただし、手術の料金は、粉瘤ができている場所や大きさによって違ってきます。
手術費用の一例として、露出部で2センチ未満の粉瘤であれば、手術代が4,980円、検査代などで3,070円で合計8,050円程度です。
手術というと「入院が必要になるのでは?」と思ってしまいますが、早ければ数分、遅くとも数十分で終わる程度の手術なので、通常は入院の必要がありません。
ただ、傷口を消毒するために術後数日間は通院する必要があります。