お尻黒ずみは皮膚科で治る?治療法と自宅ケアあれこれ

1.自分ではチェックしにくいお尻の黒ずみ治療は皮膚科がベスト?

皮膚は刺激を多く受けると色素沈着や傷が原因で徐々に黒ずんできます。
生物的には「黒ずむ」というのはメラニン色素を含む表皮細胞が生成されるという事で「肌を守る」と言う意味では重要なのですが、見た目的には出来る限り黒ずみは無くしたい、と思う人も多いのではないでしょうか?
特に、お尻は下着や衣服との摩擦、座った時の圧迫などで刺激を受けやすい個所であるため、これらが原因で黒ずみが起こりやすいです。
また、場所が場所であるため自分でもチェックやケアを行いにくいです。
そのため、一番良いのは皮膚科へ行き黒ずみを治してもらう事でしょう。
最初は恥ずかしいかもしれませんが、共通した悩みを持つ女性はとても多いため勇気を出して行ってみることをおすすめします。
また、今ではお尻の黒ずみに特化しているクリニック等もあり女性であっても行き易いところも増えてきています。

 

1-1.皮膚科でお尻の黒ずみを治療する方法

では、実際に皮膚科ではお尻の黒ずみに対してどのような治療が行われるのでしょうか?
最も一般的なのがケミカルピーリングと呼ばれる治療です。
これは、お尻の黒ずみ、ニキビ、皮膚のざらつきに効果を発揮します。
弱い酸を用いてお尻の古い角質を取り除き、細胞の新陳代謝を増進させることで、上記の症状を改善します。
また、クリニックによっては専用の美白クリームや保湿クリームなどを併用し、非常に高い美容効果があると言われています。
他の方法としては、レーザーを黒ずみ部分に照射してメラニン色素を破壊していく方法や、外用薬、内服薬があり、身体の内外様々なアプローチ方法があります。
実際にどのような治療方法を取るかは先生と相談して決めると良いでしょう。

 

1-2.病気じゃないのに病院へ行ってもいいの?

確かに黒ずみは病気ではないため、人によっては病院、クリニックに通うことを躊躇してしまうかもしれません。
しかし、病院やクリニックは必ずしも病気でなければ行ってはいけない、というところではなく少し心配があったり、悩みがあれば気軽に行っても良い場所なのです。
例えば、実際に熱が無くても熱っぽいと思ったら病院に行きますよね?
病気であろうが無かろうが、小さな悩みであっても、それと向き合ってくれるのが病院の役割です。
また、お尻の黒ずみに関して治療方法を用意しているという事は、その理由で通院しても何も問題が無いという事なので心配しないでクリニックへ行きましょう。
ただし、お尻の黒ずみ治療は保険適用外であるため一般的なケミカルピーリングで1回3万円程度かかってしまいまいます。
決して安くは無いため、お金がかかってしまうという事だけは注意しましょう。

 

1-3.医療用レーザーで黒ずみは治る?

レーザー治療では黒ずみの原因となるメラニン色素を直接光を当てて破壊するため、黒ずみに対して絶大な効果を誇ります。
レーザー治療と聞くと、「痛みはあるのか?」という疑問を持つ人も少なくありません。
確かに、レーザー治療では皮膚組織のメラニン色素を直接焼き切るため痛みが全くないわけではありません。
しかし、現在では技術の進歩と共にレーザー技術も進化しているため、昔ほど強い痛みは伴いません。
レーザー治療の痛みは、ほんの少しチクチクする程度です。
一応、それでも嫌と言う人には局部麻酔をかけた後に施術を行ってくれるクリニックもあるため事前に確認すると良いでしょう。
なお、レーザー治療は一回のみの施術ではなく、複数回の通院が必要となります。
何回の施術で完了するかは皮膚状態や、黒ずみの程度でも変わるため相談することをおすすめします。

 

1-4.皮膚科でお尻の黒ずみを治療した口コミ体験談

「最初はお尻の黒ずみでクリニックに行くことに抵抗があったが、同じ悩みを持つ人が沢山いることを知って安心して通院することに決めました。受けた治療はケミカルピーリングでした。レーザー治療も考えましたがどうしても、焼き切る、という表現が怖くて遠慮させてもらいました。酸を使って古い角質を剥がす、という事で少し不安はありましたが、実際の施術では痛みもなく、むしろ汚れが落ちた感じでとても気持ち良かったです。何回か通う必要がありましたが黒ずみが消えて以前よりも自分に自信が持てるようになりました!(20代女性・大学生)」

2.皮膚科に行かず自宅でケアしてお尻の黒ずみを治す方法

お尻は自分で視覚的に確認することが難しい部位であるためクリニックなどで治療するのが楽です。
しかし、お尻の黒ずみ治療だと保険適用外であるため、どうしてもお金がかかってしまいます。
お金があればよいのですが、自由に使えるお金が少ない人の場合には自宅でケアする方法を取らざるを得ないこともあるでしょう。
もちろん、正しく処置を行えれば自宅でお尻の黒ずみを無くすことは可能です。
方法は簡単で、お尻の黒ずみ部分に定期的に市販されているお尻専用美容液、化粧品を使う事です。
クリニック通院よりも手間はかかり、即効性は望めませんが、お金を節約できるという点で優れています。

 

2-1.市販されている薬の効果とは

基本的に、お尻用の美容液などは古い角質を徐々に取り除きターンオーバー(肌の生まれ変わり)を促進させたり、保湿効果、美白効果に優れています。
ただし、市販されているケア用品はクリニックでの施術と比べると効果は低く、即効性は無いため、根気強く治療を続けていくことが大切です。
なお、お尻の黒ずみ治療として口コミ人気が高い美容クリームはメニーナジューから出ている「アットベリージェル」と言う商品です。
本製品はターンオーバーに欠かせない洗浄効果、保湿効果に優れており、お尻のニキビ跡、黒ずみ解消にとても役立ちます。
また、アットベリージェルはお尻専用の美白クリームという訳ではないため、脇や二の腕、背中など気になる部分全てのスキンケアに使うことができます。
60日間の返金保証制度が付いているのも嬉しいです。

 

2-2.下着による刺激にも要注意

自宅にてお尻の黒ずみをセルフケアする場合には、美容クリームを使用することはもちろんのことですが、それと同時に下着の摩擦、締め付けによる刺激にも注意しなくてはいけません。
黒ずみやシミの原因となるのは肌への刺激であるため、可能な限り刺激を無くすことがとても大切です。
また、あまり知られていませんが蒸れることも、シミや黒ずみ以外の各種肌トラブルに発展してしまう可能性もあるため、できるだけ通気性の良い下着を選ぶことも大事でしょう。
他には、座った時のお尻の圧迫刺激が原因で肌トラブルを引き起こしてしまうケースも報告されているため、座る時にはクッション性のある椅子に座るなどの対策も有効です。

3.皮膚科に行かずお尻の黒ずみを改善できる化粧水

皮膚科に行かなくても自宅で出来るケア方法として先ほどは美容クリームの紹介をしました。
改めて紹介しますが、「アットベリージェル」はお尻にかかわらず身体の全ての部位の気になるシミや黒ずみに有効なクリームであるため、とても便利で使い勝手が良いと言えるでしょう。
効果も言うまでもない程で、それは口コミ評価の高さからも窺い知ることができます。
また、下半身の肌トラブルに特化した商品で「ピーチローズ」というものも発売されています。
各種保湿効果がある成分を含み、超低分子美白成分が肌の奥の奥まで浸透し、奥から保湿、洗浄していきます。
その品質は確かで、雑誌などのメディアに取り上げられているほか、ポルトガルの首都リスボンで行われた2015年度モンドセレクションで金賞、銀賞を受賞しています。
今ではお尻のケアの敷居も下がってきているため、時間はかかりますが自宅で行うことは十分に可能です。

 

お尻 黒ずみ 化粧水

 

3-1.ホームケアで黒ずみを改善した口コミ体験談

「お尻は場所が場所なだけにデリケートだし、病院以外ではケアできないものだと思っていました。しかし、ある日インターネットを使っていたら自宅でお尻の肌トラブル治療、対策ができることを知り、口コミ評価の高いお尻専用の美白ジェルを購入しました。最初は半信半疑だったのですが、2ヶ月間返金保証があるから、ということで使ってみることにしました。確かに毎日定期的にお尻をセルフケアするという事は手間がかかり大変な事ではありましたが、3ヵ月位経ってからでしょうか。ある日ふと鏡でお尻を見てみるとシミや黒ずみが薄くなっていることに気付いたんです!そこからは更にモチベーションが上がってお尻のセルフケアが楽しみの一つとなりました。「シミや黒ずみは毎日の努力でどうにかなる」という時代になっています。病院に行くお金が無いから、と諦めるのではなく自宅でケアを始めてみることをおすすめします。きっと今よりも自信が持てるようになりますよ!(40代女性・専業主婦)」