お尻 黒ずみ クッション

お尻の黒ずみ改善にクッションがおすすめな理由

お尻 黒ずみ クッション

座っている間は常に刺激を受けている状態

デスクワークをしている人は、1日中椅子に座りっぱなしの仕事となり、お尻には大きな負担をかけています。
座っている時間が長いほど、お尻は刺激を受け続けていることになり、お尻が圧迫されることで血流が悪化して肌の代謝も低下してしまいます。
肌のターンオーバーが低下すれば、角質が溜まりニキビができやすくなります。
この状態が続くと、お尻を守るために皮膚が厚くなったり硬くなることがある他、刺激が増えれば黒ずみや乾燥の原因ともなってしまうのです。
お尻への負担を気にしている人は少ないのですが、そのまま放置していれば、見られると恥ずかしい状態となってしまいます。
毎日の生活の中ではお尻への負担を減らしてあげることが大切です。

 

クッションで刺激を和らげよう

お尻ケアでは、お尻への刺激を減らすことが大切だと知っていても、具体的にどうしたらいいのかよく分かりませんよね?
実は、お尻の刺激を和らげるために有効なアイテムがクッションです。
多くの人が目に見える顔などのケアはしっかりとするのですが、普段見ることがないお尻への対策は忘れがちです。
クッションで対策をすることで、黒ずみやニキビ予防にもなるケア方法となります。
日常生活の中で少しでもお尻を意識すると、どれだけお尻が様々な負担や刺激を受けているかが分かります。
クッションを使って、お尻への刺激を和らげてあげましょう。

 

お尻の負担を軽減する座り方

クッションによってお尻への刺激を減らすことができるのですが、それだけでは十分ではありません。
姿勢や座り方も重要なポイントです。
まずは椅子に深く腰掛けるようにしましょう。
一部に体重がかかってしまうと、その部分への負担も増加することになります。
椅子に深く座ることで、負担が分散することになり、黒ずみの原因も解消することにつながるのです。
また、椅子に座るときには足を組む癖がある人もいます。
これも、お尻に負担をかけてしまうので、両足を垂直に降ろすように心掛けましょう。
同じ姿勢を続けるのは意外に大変なものです。
座っているときに疲れた時には、少し歩いたり、座りなおすなどして、体を動かしてみましょう。

 

どんなクッションがおすすめ?クッションの選び方

いろいろあるクッションの素材

クッションといっても、素材によって様々な種類にわけることができます。
椅子に座る時の定番は綿を使った座布団ですが、それ以外にも低反発、ビーズ、エアー(空気)などがあります。
クッションといえば低反発素材をイメージする人も多く、人気素材の一つです。
ビーズ素材は座るだけでお尻にフィットしてくれます。
エアータイプなら自分好みの硬さに調節可能ですし、空気を抜けば持ち運びに便利なのも特徴で、どこでも使えるのがメリットです。
自分に合った素材や利便性の良いクッションを使って、お尻の負担を軽減させる工夫をしていきましょう。

 

柔らか過ぎず硬すぎずなものを選ぼう

クッション素材は人それぞれで好みがあり、自分の好きな素材を選べいいのですが、注意点が硬さです。
柔らかすぎず硬すぎずなものを選ぶ必要があります。
人気の低反発素材ですが、クッションによって硬さが違い、柔らか過ぎるものを選んでしまうと、クッションの効果がありません。
柔らかい素材では長時間座っているとぺちゃんこになってしまい、うまくお尻の負担を軽減できないこともあります。
低反発素材を利用するときには、硬めのクッションを選びましょう。
素材選びではどうしても好みが別れるものですが、お尻の負担を減らすことができる適度な硬さのクッションを選ぶことが大切です。