お尻 黒ずみ ヒルドイド

お尻の黒ずみケア用の薬徹底解析

お尻 黒ずみ ヒルドイド

ヒルドイド

ヒルドイドとは、有効成分「ヘパリン類似物質」によって、皮膚を刺激から守り、血行を改善し、高い保湿力で乾燥を防いでくれるお薬です。
お尻の黒ずみは、お尻と下着の接触によって刺激を受けた肌が、皮膚を守ろうとメラニン色素を出し、それが色素沈着して出来るものです。
ヒルドイドを皮膚に塗っておくと、お尻と下着の接触を緩和できるので、血行改善による肌のターンオーバー(再生)の促進により、すでに出来きた黒ずみを解消する効果があります。
ヒルドイドは皮膚科で処方されるお薬ですが、同じ成分の市販薬「アットノン」が販売されています。
なお、軟膏・クリーム・ローションタイプがあるので、自分が使いやすいタイプを選んで使用して下さい。

 

ハイドロキノン

お尻の黒ずみは、メラニン色素が残ったままの角質が正常にターンオーバー出来ずに蓄積されてしまうことが原因の一つに挙げられます。
ハイドロキノンは、美白化粧品によく使われる成分で、メラニンの生成を抑えて色素沈着を防ぎます。
そのため、お尻にできた黒ずみを落とし、皮膚を白くきれいな状態にする効果があります。
ハイドロキノンは、皮膚科での処方、市販での購入、いずれも可能です。
しかし、成分が非常に強いため、使いすぎると炎症を起こすなどの副作用があります。
使用する際は、成分がどのくらいの濃度で配合されているかを確認し、正しい使用法をよく読むことが大切です。

 

トレチノン

トレチノンは、ビタミンA誘導体により、蓄積した角質を?がす効果があります。
即効性がある上に効果が強いため、市販されているトレチノンはなく、基本的に病院で処方されないと手に入りません。
医師の指導の下で使用するなら、お尻の黒ずみをきれいに素早く落とすことが可能です。
しかし、皮膚が弱い人には刺激が強く、副作用として皮膚炎を起こす可能性があります。
なお、トレチノインは動物実験で奇形児が生まれてくることが確認されているため、妊娠中の使用は禁止されています。
妊娠の可能性がある人は使用しないようにしましょう。

 

お尻の黒ずみケア方法はお尻の状態で選ぼう

上記した成分を使ったケア方法は、主に色素沈着した角質を落としながら黒ずみを無くす方法です。
では、お尻に異常がある場合、特に痛いニキビができている時にはどのようなケアをすれば良いのでしょうか?
お尻にニキビができている場合は、まずニキビを治療していくことが先決です。
ニキビ用の薬を使って皮膚の炎症を抑えましょう。
確実に治療をしたければ、皮膚科で症状を見てもらうと良いかもしれませn。
皮膚科では、レーザー治療やケミカルピーリングをしてもらえるので、ニキビ跡を消してお尻をきれいにすることが可能です。
お尻の黒ずみの原因は様々なので、お尻の状態に合わせた治療法を選びましょう。

 

おしりへの薬の正しい使い方

お尻の黒ずみケアは、ただ薬を塗っておけば良いというものではありません。
薬は、皮膚をきれいにしてから塗るようにしましょう。
お尻は、常に下着に包まれた状態にあり、汗をかきやすくムレやすいのです。
ムレたお肌の上には雑菌が多く存在し、いくらケアをしていても雑菌によって治りにくくなってしまうのです。
そのため、お風呂上がりの清潔な状態の時にお尻をケアすることをおすすめします。
さらに、お風呂上がりのお尻は血行が良くなっているので、薬の浸透もよく効果倍増です。
正しいケア方法を知って、きれいなお尻を目指しましょう!