お尻 黒ずみ ニキビ

お尻ニキビの原因は何?どうして黒ずみになるの?

お尻 黒ずみ ニキビ

アクネ菌の増殖により炎症を起こして発症するニキビですが、顔だけでなく色々な部位にできてしまいます。
特にお尻のニキビは、放っておくと黒ずんでしまいみっともないですよね。
このお尻のニキビの原因は、皮膚の乾燥、下着との摩擦、蒸れ、着席時の圧迫などの外的刺激、生活習慣などが挙げられます。
オフィスワークなど、座りっぱなしの仕事をしている人は、常にお尻に刺激を与え続けているのでニキビができやすいのです。
お尻のニキビを放置しておくと、刺激を受け続けたことによりメラニン色素が放出され、それが色素沈着して黒ずんできてしまいます。

 

本当にニキビ?お尻のぶつぶつの正体とは

お尻にできたぶつぶつの正体は、ニキビとは限りません。
粉瘤や炎症、湿疹の可能性もあります。
症状によって対処法が異なるので、ぶつぶつの正体をしっかりと見極めて治療しましょう。

 

粉瘤の特徴や見分け方はこちらへ。

 

湿疹や炎症などその他の症状の詳細はこちらへ。

 

お尻のニキビ改善に有効な対策

お尻の黒ずみの原因であるニキビを改善するにはどうしたらよいのでしょうか?
まず、お尻に密着する下着はきつくない適正なサイズ、綿100%など摩擦の少ない素材を選ぶことをおすすめします。
また、お尻は汗や蒸れなどで汚れやすいので清潔にしてください。
石鹸やシャンプーなどが肌に残ったままだと、肌に負担をかけてしまうのでしっかりと洗い流すことです。
お風呂の後は、お尻専用のケアクリームを使用して保湿してください。
着席時は、椅子の上にクッションを敷いて負担を軽減するとよいでしょう。
さらに、外的な対策だけでなく、十分な睡眠、栄養バランスが取れた食事を摂って肌を守ってください。

 

お尻ニキビの対策については、こちらのページでも詳しく解説しています。
今後のスキンケアの参考にしてみてください。

 

お尻の保湿に有効な成分

ニキビや黒ずみを予防するには、保湿が重要です。
お尻の保湿に有効な成分は、セラミド、ヒアルロン酸、エラスチンなどがあります。
セラミドは体内に存在する成分で、細胞の中の水分を保持し、肌を外的刺激から守るようにバリア機能を強化してくれます。
ヒアルロン酸は、非常に高い水分を保持する機能があり、肌のうるおいをキープしてくれます。
エラスチン(弾性繊維)は、コラーゲンとの結びつきを強化して肌に弾力を与えてくれる成分です。
保湿クリームなどを選ぶ際には、これらの成分が入っているものを選ぶと、効果的ですね。

 

お尻のニキビを予防するポイントは2つ

皮膚は外的刺激に弱く、摩擦や汚れのせいで炎症を起こしてしまうケースがあります。
これがニキビの原因になりますが、お尻ニキビを予防する大切なポイントが2つあります。
ひとつは、お尻を優しく洗うことです。
きれいにしようと思って洗いすぎると、逆に刺激になって肌が荒れ、ニキビが悪化してしまうので注意してください。
ふたつ目は、化繊などの刺激や摩擦が強すぎるタオルは避け、天然繊維のタオルを使用することです。
ざらざらしたナイロンのタオルでゴシゴシこすると、肌を傷つけてしまいます。
シルクや綿100%のタオルを使用し、優しくいたわるように洗うようにしましょう。

 

お尻にニキビ跡が残ったら皮膚科の受診がおすすめ

お尻にニキビ跡が残るとセルフケアではなかなか治しにくいものです。
色々試したけれど、お尻のニキビ跡が消えない場合は、皮膚科の受診をおすすめします。
皮膚科では、その状態によって、レーザー治療・角質を落とすケミカルピーリング・内服薬処方、外用薬などが処方されます。
特にポピュラーな治療法は、ビタミン剤や抗生物質などの内服薬を飲むことや、角質を剥がす働きのあるトレチノイン、メラニン色素を作り出すメラノサイトの働きを抑える働きのあるハイドロキノンなどの外用薬を使用することです。
皮膚科の治療は作用が強いので、医師の指示を仰いで行う必要はありますが、自己流で治すよりも早く確実に治すことが可能なのです。

 

皮膚科での治療法について詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。