産後 お尻 黒ずみ

産後にお尻の黒ずみができる原因

産後 お尻 黒ずみ

お尻は、下着やズボンなどの摩擦や刺激を常に受けています。
更に、座ることで圧迫されたり、汗をかくと蒸れやすいなど、普段の生活の中でもダメージが蓄積され続けています。
清潔にしているつもりでも、メラニンを含む古い角質が毛穴に詰まって残ることで、黒ずみ・シミ・ニキビが発生してしまいます。
そんな中で、体が黒ずみやすくなる妊娠中・産後に何もケアせずに過ごしてしまえば、お尻に黒ずみが残ってしまう可能性があるのです。
肌のターンオーバーのサイクルが乱れ、ホルモンバランスの変化や座る時間が増える事での負荷など、お尻へ黒ずみを作る要素が沢山増えてしまうことが、大きな原因だと言えるでしょう。
このページでは、産後にお尻の黒ずみができる原因と対策について解説していきます。

 

ホルモンバランスが乱れてメラニンが増加する

妊娠中は、お腹の胎児への栄養を届けて発育を促進するために女性ホルモンが活発になり、自然とホルモンバランスが乱れてしまいます。
そして、女性ホルモンのプロゲステロン・エストロゲンが多く分泌されるようになるのですが、これらがメラニン細胞の働きを活発化してしまい、色素沈着のもととなるメラノサイトを増やしてしまうのです。
そのため、脇・乳首や乳輪・お尻といった身体の至る部分に黒ずみが出来てしまうケースがあります。
しかし、出産を終え女性ホルモンが回復してくると落ち着くので、体調をしっかり整えればメラニン色素は薄くなる傾向があります。

 

体重・座る時間の増加

妊娠中から産後にかけて、妊娠前に比べかなり体重の増加があります。
その上、重たい体を支え続ける事が困難になって休憩する時間も増えるので、横になったり座ることが多くなるでしょう。
メラノサイトは、肌が刺激を受けるとメラニン生成を行う特性があり、長時間座ることでのお尻が圧迫されると、色素を生成します。
つまり、妊娠中や産後に座る時間が長くなると、不本意ながら自ら黒ずみを作るよう行動していると言えるのです。
そして、出産時に体重・体型の変化を自覚しているにも関わらず、妊娠前の下着を穿いていると、黒ずみができる原因になります。
サイズの合わない下着の着用は、ゴムの締め付けや摩擦をより強いものにしてしまい、黒ずみや乾燥を引き起こしてしまうのです。

 

お尻の黒ずみを改善するための方法は?

まず、できる限りお尻への負担を減らすためにクッションなどを利用し、強く硬い刺激を与え続けないように和らげましょう。
そして、サイズの合わない下着の着用を避け、お尻を優しく保護してあげてください。
しかし、どうしてもホルモンバランスの改善は難しいものです。
本人が望まなくても、妊娠出産後には乱れてしまうものかと思います。
ホルモンバランスが乱れると、肌のターンオーバーも乱れて色素が排出されにくくなるので、お尻専用のケアクリームなどを使うと良いでしょう。
黒ずみや乾燥に効果のある、美白成分や保湿成分の含まれる解消クリームが販売されてます。
お尻の黒ずみを改善する方法、お尻の黒ずみケアにおすすめのケア用品については、こちらのページで詳しく解説しています。
「黒ずみをキレイに消したい!」という方は、ぜひ参考にしてみてください。