お尻の黒ずみにも水分補給は必須

1. お尻のニキビ跡や黒ずみの原因

おしりにある黒ずみの理由に、ニキビや普段のお尻への負担が原因として考えられます。
ニキビができると色素沈着を起こすことがあり、ポツポツとシミができます。
そして、お尻への刺激や摩擦などの負担が大きいと黒ずみの原因となります。
お尻は蒸れやすい場所で雑菌の繁殖にも繋がり不衛生になりやすいましょです。
また、仕事で座っている時間が長いとお尻への負担が大きく黒ずみができやすい場所でもあります。
お尻のシミや黒ずみが気になるという方は衛生面や負担を減らすことが大切です。

1-1. お尻の汗や蒸れなどの水分の悪影響

お尻が不衛生になる理由の一つに水分が関係しています。
蒸れやすいお尻は、その湿度や温度によって雑菌が繁殖しやすい場所です。
そんなお尻をどうしたら衛生的になるのかと考える方もいるのではないでしょうか。
例えば、お風呂上りなどでは、しっかりとお尻を拭かないと水分量が多い状態で下着を身に着けることになり、さらに蒸れやすくなります。
また、常に下着を身に着けていることから汗もかきやすく、水分量が多いのがお尻の特徴です。
普段から通気性の良い下着を身に着けたり、風呂上がりにはしっかりと水分を拭き取り乾燥させてから下着を身に着けるなどの工夫が大切です。

1-2. お尻の水分が過剰にならない防止法

お尻の水分が過剰にならないための防止法として、まず大切なのが下着です。
見た目に可愛いものやゴージャスのものはポリエステルで作られているものが多くみられます。
まず大切なのが素材です。
お勧めなのが化学繊維ではなく天然素材です。
コットンやシルクははき心地がいいだけでなく、通気性に優れている素材です。
また、お風呂上がりにしっかりと乾燥させることも大切ですし、汗をかいたときには拭き取ることでいい環境を整えることができます。
顔の汗を拭き取るように気軽に汗を拭き取れる場所ではありませんが、トイレなどを利用して拭き取るなどして、衛生的な環境にするような努力も大切です。

1-3. お尻の黒ずみを防止するケア方法

綺麗なお尻を保つためにはケア方法を知る必要があります。
綺麗なお尻の方は普段から何気なくお尻のケアをしているものです。
お尻の黒ずみを防止するためのケア方法としては、過剰な刺激を与えないこと、肌の代謝を促す、美白ケアなどの方法があります。
黒ずみの最大の原因は過剰な刺激です。
まず、この過剰な刺激を防ぐことが大切です。
椅子に座る際にはお尻に負担をかけないようなクッションを使用したり、お風呂でもゴシゴシと洗うようなことは避けるべきです。
また、黒ずみの原因となるメラニンが過剰に発生したとしても、肌の代謝が良ければしっかりと排出してくれます。
さらに、美白ケア化粧品などを使用することにより、白くて綺麗なお尻を保つことができます。

お尻 黒ずみ ケア

2. お尻の黒ずみの消し方

すでに黒ずみができてしまった方は、まずこの黒ずみをけるための努力が必要になります。
黒ずみを消すためには、黒ずみができた原因を知ることから始めます。
原因を知ることにより。それ以上黒ずみの悪化を防ぐことができますし、原因が取り除くことをしないと、どんなにケアをしても効果を実感することができません。
黒ずみの消し方には、黒ずみ対策のケア用品を使ったり、美容皮膚科での治療を受ける方法があります。
ケア商品を使えば自宅で気軽にケアすることができますし、美容皮膚科での治療なら効果を短期間で実感することができます。

2-1. お尻の黒ずみ対策のケア用品

お尻の黒ずみ対策ができるケア用品としては、お尻ケア専用のクリームやクッションなどが挙げられます。
お尻専用のクリームを使うことにより、お尻の症状に合ったケアをすることができます。
美白化粧品には顔用の商品が多くありますが、顔とお尻とでは肌が受けている刺激や摩擦などの環境が違います。
そのため、専用のクリームを使うことをおすすめします。
また、自分のお尻に合ったクッションを使うことも大切です。
座り仕事をしている方は何時間も椅子に座っていることになります。
その間、お尻は上半身の体重という負担を常に受けていることになります。
黒ずみのケアではこの負担を少しでも減らしてあげることが重要です。

2-2. お尻の黒ずみ対策のケア用品の口コミ

ネットではお尻専用のクリームを使った口コミを見ることができます。
お尻専用のクリームにはいくつか商品がありますが、その中でも人気なのがピーチローズやエンジェルヒップです。
ビーチローズは4人に3人がリピートをしていると言われている商品で、ざらざらしていたお尻がツルツルになった、Vラインの黒ずみが薄くなったという声があります。
エンジェルヒップはよく伸びるジェルのようで、範囲の広いお尻に使いやすい商品のようです。
べたつきがないので洋服を着る前でも使いやすいという声があり、いつでも簡単にケアできるのが特徴です。
それぞれの商品で、多くの方が効果を実感しているようで、黒ずみケアには有効な商品のようです。

2-3. お尻の黒ずみの診察は皮膚科?

黒ずみの症状がひどい方は、市販されているケア用品では効果が実感できないという方もいます。
そんな方の中には皮膚科に行けば治療してもらえるかもと考える方もいるのではないでしょうか。
しかし、通常の皮膚科では黒ずみケアの治療は期待できません。
普通の皮膚科は皮膚病などの症状に対して治療をしています。
黒ずみは病気といった症状ではないので、効果的な治療はきたいできません。
病院での治療を希望するなら美容皮膚科に行くことが大切です。
美容皮膚科は、美容のための治療を受けられる病院であり、黒ずみなどの治療もしています。
美容皮膚科での治療では効果を実感できる治療を行っているため、短期間で治したい方から、黒ずみの症状がひどいといった方にはおすすめの場所です。

3. お尻の黒ずみ対策のまとめ

お尻の黒ずみで悩んでいる方は、まずどのような原因で黒ずみになったのかを考え、その対策をすることが大切です。
この対策をしないと、美容皮膚科などで治療を行い、黒ずみが消えたとしてもまた黒ずみができてしまいます。
原因を取り除いてから、黒ずみを消すための努力をします。
ケア用品を使えばお金もあまりかかりませんし、自宅で気軽にケアすることができます。
しかし、ケア用品では多くの時間がかかることは覚悟する必要があります。
短期間で治したい方は美容皮膚科での治療をします。
美容皮膚科なら、数週間から数ヶ月で効果を実感することができます。

お尻の黒ずみにも水分補給は必須

顔の肌が乾燥するとシミやたるみなども置きやすくなりますね。顔も足もお腹もお尻も、つながっていますよね。顔が乾燥していると言う場合、足や腕、お腹やお尻なども乾燥しているということを表します。

乾燥肌になると刺激に弱くなりますし、必要な皮脂が分泌されていないという状態も考えられるため、大人ニキビができやすくなったり、シミやそばかす、それにシワなどの原因ともなります。顔の肌がこういった問題を抱えているということは、お尻にも問題が発生していると考えてください。

お尻の乾燥についても考えていく事が、お尻の黒ずみを改善することにつながります。乾燥して刺激を受けやすくなったお尻の皮膚は、そのままにしておけばどんどん黒ずんでいく一方です。そのため、ボディにも化粧水でしっかり水分補給を行なう事が望ましいのです。また、化粧水等でボディに水分をしっかり与えたら、その水分が逃げていかないようにボディクリームや乳液等で水分を逃がさない事が必要となります。

お尻、お腹、太ももなど、こうした部分も乾燥しやすい部分です。お尻の黒ずみケア同様、太ももやお腹などへのケアも一緒に行っていくとモチモチした自慢の肌になりますよ。お顔のケアはしっかり行なっても全身ケアとなると怠っていると言う方が多いはず。お尻などの見えない部分のケアもしっかり行なう事がとても大切なことです。